☆8月26日にEverly(エバリー)さんにコンサートをしていただきました。「エバリー」さんは、松尾兄弟が中心となり、2002年に結成されたグループで、クラシック、ジャズ、ポップス、歌など演奏する音楽は幅広く、優しい素敵なお兄さんたちです。

今回は、保育園の子どもたち(0歳から参加させていただきました。)に、バイオリンとピアノの演奏で、ディズニーメドレーやトルコ行進曲、など楽しく素敵な音色で楽しませていただきました。子どもたちのアンコールに応えて最後は、みんなで、「さんぽ」の大合唱となり、素敵な音楽を聴いて、歌って、体を動かして、子どもたちもとても楽しい時間となりました。

 

夏祭りのお知らせ

若梅保育園夏祭り

平成27年7月25日(土)                       16時30分から19時45分

今年は、クラスごとに神輿を作り、祭りの雰囲気を盛り上げていきたいと思います。各クラスただ今製作中です。どんな神輿が完成するかお楽しみに!

大きいクラス(かなりあ・はと・かもめ組)では、合同で神輿製作を行っています。夏祭り当日は、「わっしょい!」の威勢のいい掛け声とともに練り歩きます。

保護者会役員さんをはじめ、保護者の皆様のご協力をいただきながら、当日は夜店や、ゲーム、神輿かつぎに盆踊り、そして最後は恒例の花火で楽しい夏のひとときを楽しんでいただけたらと思います。

地域の皆様や、たくさん方々のご参加をお待ちしております。

 

5月の誕生日会に今年も「ほっほさん」がきてくれました!。

昨年の「ほっほさん」を覚えていた子も多く、とても楽しみにしていました。

今回は、「コックのほっほさん」で登場し、料理の食材を使ってのパフォーマンスに子どもたちは大盛り上がりでした。

また、不思議なマジックに、子どもたちだけでなく、大人も驚きと感動をいただきました。

5月生まれのお友だちには風船のプレゼントも♡ そして、ショーが終わった後は、ほっほさんとのふれあいタイムで、一人ひとりハイタッチをしたり、シールをもらって大満足な子どもたちでした。

ほっほさん!夢の時間をありがとうございました。

 

2月19日に今年度最後の観劇会が行われました。今回は、「劇団風の子」の方々による演目「おまつりぴーひゃらどん」で、昔の人々が子育ての中から生み出し、親から子へ伝えられてきた「伝承遊び」や「昔ばなし」をお芝居にして楽しい遊びをみせていただきました。                           こま回しやけん玉、竹とんぼにお手玉など、お囃子に合わせて繰り広げられる遊びに子どもたちは、夢中になって見入っていました。

観劇後に、ワークショップで年長児は実際に伝承遊びを体験させていただき、こま回しのコツやけん玉など教えてもらいながら、楽しんで挑戦していました。

 

年間計画で1月18日(日)と掲載されていた親子クッキングは1月17日(土)に

開催いたします。お詫びとともに訂正させていただきます。

一緒に楽しくクッキーを作りませんか。参加をお待ちしております。

≪時間≫10:00~11:00

≪人数≫先着10名様にて締め切らせて頂きます。

≪内容≫クッキー作り

≪参加費≫300円(当日集金いたします)

≪持ち物≫エプロン・三角巾・参加費

≪申し込み方法≫直接園にてお申し込みください。

 

パントマイムたのしいね☆

12月の誕生日会がおこなわれました。

毎年パントマイムを見せてくださる山田さんに来ていただき、   トムさんと一緒に楽しいショーをみせていただきました。

子どもたちは、おもしろくて不思議な世界に身を乗り出して見入っていました。

ステージに呼ばれて参加したお友達も、不思議なハンドパワーで風船を見事に割ってみせてくれました。

ジャグリングやバルーンアートなど、笑いや驚きとともに、子どもたちの笑顔・表情がとても楽しいひと時なんだな、ということを感じさせてくれていました。     楽しい時間をありがとうございました。

 

 今年も大過なく一年を過ごせたことに感謝し、来たる年もまた幸せな年でありますようにと願って餅つきを行いました。

 日本古来の伝統的な行事の雰囲気を味わいながら、年長組の子どもたちは一人ひとり杵を持ってもちつきを体験しました。          先生が、力強く杵を使ってつき始めると、「よいしょ!」の掛け声で盛り上がり、ベランダからは、小さいクラスのお友達も「がんばれ~!」と一生懸命、声援を送ってくれていました。                                                                                   

 もち米からなめらかに変化していく餅に、興味津々。一番最初についた餅で、鏡もちを作る様子を見学したり、つきたてのおもちに、きな粉をまぶして、豚汁と一緒にいただきました。「おいし~」「やわらか~い」と子どもたちにとって楽しい体験となりました。

 

                 

                          

12月6日に、4歳・5歳児クラスの生活発表会が行われ、たくさんの保護者の皆様や、おじいちゃん・おばあちゃんに観ていただくことができました。 

 本番は大勢のお客様にちょっと緊張しながらも、衣装を着ると、なりきって堂々と練習の成果を発揮して素敵な踊りや、歌、合奏、劇を発表してくれました。一人ひとりの姿に成長を感じることができました。

 年長組は、生活発表会で発表した遊戯や歌を、12月12日に地域の中にある老人施設にて、おじいちゃん・おばあちゃんにも披露してきたいと思います。可愛らしい姿にきっと目を細めてくれることでしょう。                   

                                                            

          

 

生活発表会のお知らせ

日時 平成26年12月6日(土)

時間 9:00~12:00(終了予定)

会場 8:00

場所 若梅保育園 遊戯室

はと組さんとかもめ組さんの生活発表会をおこないます。

毎日、歌やダンスの練習をしてきました!!頑張ってきた子どもたちの姿を是非ご覧ください。

 

 10月29日(水)と11月5日(水)の2日間、若梅保育園の隣にある高洲第二中学校の3年生のお兄さん、お姉さんが授業の一環で年中組・年長組の子どもたちとの触れ合い交流を行いました。            当日は、中学生が、子どもたちに読み聞かせをするために自ら選んでくれた絵本を持参し、一対一で読んでくれました。

 はじめは、少し緊張気味だった子どもたちも、優しいお兄さん、お姉さんに絵本を読んでもらったことをきっかけに、すぐに仲良くなり、そのあとは、子どもたちの要望を聞いてくれたりしながら、園庭や室内で楽しく遊んでもらいました。

 かかわりを通して見ることができた中学生の、小さい子への気遣いや優しさまた、一緒に真剣に楽しんで遊んでくれる姿に感心しました。子どもたちの表情が生き生きとし、同時に中学生の生き生きとした笑顔にこちらも嬉しくなりました。短い時間ではありましたが、子どもたちは、お兄さんお姉さんが大好きになりました。高洲第二中学校の先生方、3年生の皆さんありがとうございました。

 最後は歌の交換をし子どもたちはお兄さん、お姉さんの素敵な歌声に引き込まれるように聞き入っていました。                                                                                            保育園の子どもたちにとっても、普段かかわることのできない中学生との触れ合いは、とても楽しく、自分の気持ちを受け入れてもらい、一緒に遊んでもらった経験が、きっとこれからの園生活の中でまた、一人ひとりの心の中で力になっていくことと思います。

 
« Previous posts Next posts » 最初へ戻る